So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘッドライト リフレクターとは [車]

ヘッドライト リフレクターとは何なのか?

ずばりお答えしてきたいと思います。

率直に言うと、レンズカットの無いライトのことを指します。

もう少し噛み砕いて話しますと、ヘッドライトを見た際、ランプの表面にしましまの模様を施したものをレンズカットと言います。

そのレンズカットが施され、中の電球が見えないようになっているものをノーマル・ヘッドランプと言います。

それに対して、ランプの表面が透明で中の電球が見え、さらに反射鏡がキラキラと光って見えるタイプのものがあります。

これを「マルチリフレクター・ヘッドランプ」(ヘッドライト リフレクター)と言うのです。

ランプの照射範囲を、かつては反射鏡とレンズカットで行っていたのですが、コンピュータ解析の技術が進み、反射鏡で効率よく配光出来るようになってきました。

そのような技術の進歩により、レンズカットが不要となりました。

そして、明るさが格段に上がり、ランプシェードを薄くて軽く出来るようになりました。
それに伴い、見た目がシャープになることで、デザインに多様性を持たせることができるようになりました。

メリットがとてもたくさん増えたわけです。


長々と説明してきましたが、言葉だけでは分かりづらいと思います。
百聞は一見に如かずということで、参考になる動画をご紹介したいと思います。


RAYBRIG マルチリフレクターヘッドランプ Kawasaki ZRX400




RX-7 クリスタルヘッドライト リフレクタータイプ



クリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m


トレンドニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。