So-net無料ブログ作成

ロックバイオリニストayasa、ももクロと共演!そもそもayasaって誰? [音楽]

ロックバイオリニストのayasaさんが、ももクロと共演!
そもそもayasaさんって誰?

ayasaさんは、路上でバイオリンを弾く、
ロックバイオリニストだそうです。
バイオリンと言うと路上ライブみたいに
するのではなく、コンサート会場とか
室内で上品にやるものだと思っていましたが、
彼女の場合は違うようです。








ただ、彼女はバイオリニストとしても超一流!
過去に

・第15回日本クラシック音楽コンクール中学生の部 
 全国大会入選!

・第19回日本クラシック音楽コンクール高校生の部 
 全国大会第4位(1位と2位は該当者無し)

・世界クラシック シニアの部
銅メダル

・東京サミット音楽コンクール
 銀賞 (最高位)

など、数々の輝かしい実績をお持ちのようです。

現在は、DO AS INFINITYで活動されたり、浜崎あゆみさん
など数多くのアーティストをプロデュース
したりしているD.A.Iさんと

Sword of the Far East

というユニットで活動を行っています。

その他、新宿南口で路上ライブを行ったり、
日産スタジアムでの「ももいろクローバーZ」
のライブに出演されたり幅広く活動しています。

「めざましテレビ」や「スッキリ」などテレビ
出演も目立ってきました。

今後のayasaさんのさらなる活躍に期待ですね!


【ayasaさんプロフィール】
名前:ayasa(本名:島村絢沙)
生年月日:1991年10月19日
血液型:A型
出身地:東京都
出身校:桐朋学園大学



クリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m


トレンドニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村





新垣隆 影武者 佐村河内守のゴーストライター [音楽]

新垣隆 影武者 佐村河内守のゴーストライター

作曲家の佐村河内守(さむらごうち・まもる=50)氏が影武者(ゴーストライター)を使って作曲してもらっていた問題で、その影武者(ゴーストライター)である新垣隆氏が2月5日夕方にマスコミ各社にファクスを送信。

明日、2月6日に都内で記者会見を行うことを発表した。

新垣隆氏はFAXで、18年間にわたって佐村河内守氏の影武者(ゴーストライター)として作曲を行っていたことを明かした。

そのうえで、みなさまの前で謝罪をしたいということで明日2月6日に記者会見を行うと述べている。

佐村河内守氏に対するマスコミの取材でわかったことは以下のとおり。

初めての映画音楽作曲の依頼があった平成8年(1996年)ごろに、半分以上、影武者(ゴーストライター)である新垣隆氏に作ってもらったことを契機に、後々も代わりに作曲をしてもらっていたようだ。

佐村河内守氏は、耳が聞こえないながらも数多くの素晴らしい楽曲を世に送り出してきたことから、「現代のベートーベン」と言われ、メディアでも注目されていた。

そんな佐村河内守氏が2013年3月に東日本大震災の被災地に捧げた「ピアノのためのレクイエム」が宮城県石巻市で披露され、多くの被災者に感動を与え、高い評価を得ていた。

また、ソチ冬季五輪フィギュアスケート代表の高橋大輔がショートプログラム(SP)で使用予定の「ヴァイオリンのためのソナチネ」も佐村河内守氏の作曲と言われ、五輪前で大きな注目を集めていた。

影武者(ゴーストライター)である新垣隆氏が明日の会見で何を語るかこちらも注目を集めそうだ。



クリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m


トレンドニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

佐村河内守 週刊文春発表前に?自身の楽曲が別人の作曲だと発表 [音楽]

佐村河内守 週刊文春発表前に?自身の楽曲が別人の作曲だと発表
フィギュアスケートの高橋大輔のショートプログラムの使用予定曲も別人の作曲!?

聴力を失った作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる作曲家の佐村河内守(さむらごうち まもる)氏の楽曲が、実は別人が作曲していたものだったということが発覚した。

佐村河内氏の代理人の弁護士が2月5日の未明に発表したもの。

「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの主要な楽曲は、別の音楽家が作ったものだったという。
ソチ冬季五輪フィギュアスケート代表の高橋大輔がショートプログラム(SP)で使用予定の「ヴァイオリンのためのソナチネ」も、
別人の作曲であるとのこと。

実際の作曲者ははすでに”週刊文春”のインタビューを受けていて、記事になるということで、佐村河内氏側が事前に表明することになったと思われる。
本日中に、佐村河内側氏の説明が行われる模様。

今回の騒動の背景には佐村河内氏との間で意見の対立など何らかのトラブルがあったようだ。

代理人の話によると、十数年前から佐村河内氏が実際の作曲者に曲のイメージなどを伝え、作ってもらっていたとのこと。

実際の作曲者側にも表に出づらい事情があったため、佐村河内を単独で作曲者と表記するようになったとのこと。

今回の件に関して、佐村河内氏は深く反省しているそうだ。








【佐村河内 守(さむらごうち・まもる)プロフィール】

広島県出身。
1963年(昭和38)年9月21日。
50歳。
広島市の崇徳高校卒業。
高校卒業後に上京。
1997年に映画「秋桜(コスモス)」の音楽を手掛け、2001年に人気ゲームソフト「鬼武者」の音楽などで注目されるようになる。
2008年「広島市民賞」を受賞。
2013年に映画「桜、ふたたびの加奈子」の音楽も担当。



クリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m


トレンドニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

グラミー賞2014 ノミネートされた日本人 [音楽]

グラミー賞2014 ノミネートされた日本人


世界最高峰の音楽の祭典であるグラミー賞が日本時間で1/27(月)に開催されました。
授賞式はトップアーティストたちのパフォーマンスやここでしか見られないコラボレーションなど見どころ満載!
音楽ファンにとってはたまらない1年に1回のビッグイベントなのです。

で、今年の主な受賞曲やアーティストは以下の通り。

【RECORD OF THE YEAR 最優秀レコード賞】
「Get Lucky」  
 ダフト・パンク ft. ファレル・ウィリアムス & ナイル・ロジャース

【ALBUM OF THE YEAR 最優秀アルバム賞】
「Random Access Memories」
 ダフト・パンク

【SONG OF THE YEAR 最優秀楽曲賞】
「Royals」
 ロード

【BEST NEW ARTIST 最優秀新人賞】
マックルモア&ライアン・ルイス


世界のトップアーティストや彼らの曲が受賞を占める中、今年は日本人の受賞者やノミネートされた方がいるってご存知ですか?

バイオリニストの五嶋みどりさんが参加したアルバムである

「ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲、ウェーバーの主題による交響的変容、弦楽と金管のための協奏音楽」
(演奏:エッシェンバッハ(指揮)、五嶋みどり(ヴァイオリン)、北ドイツ放送交響楽団)

が、最優秀クラシック・コンペンディアム賞を獲得したのです!!


日本人としては本当に嬉しい限りですね!

こういう世界的な賞は、どうしても欧米の方に独占されてしまうイメージがあります。
そのような実力者が揃う中、そこに日本人が入っているのを見ると何だか元気をもらえますよね。


五嶋みどりさんの他にも阿曽沼和彦さんがプロデューサーなどとして参加した「レゲエ・コネクション」というアルバムが、最優秀レゲエアルバム賞にノミネートされていましたが、惜しくも逃してしまいました。

シンセサイザー奏者の喜多郎は「最優秀ニューエイジアルバム賞」にノミネートされていましたが、こちらも惜しくも受賞を逃しました。
喜多郎さんは今回が15度目のノミネートだったそうです。
受賞は逃して残念でしたが、すごい実績ですよね!もはや受賞よりすごいような気がします。

このように世界で頑張っている日本人って結構いるんだなと思うし、自分も何かできるんじゃないか!もっと頑張ろうという気になります。
受賞した方、出来なかった方いるわけですが、どちらも日本国民に勇気と元気を与えたことは間違いないですね!



<五嶋みどりさんプロフィール>

1971年10月25日生まれ。
大阪府出身。
ヴァイオリニスト。

1982年にジュリアード音楽院で高名なディレイ教授に師事し、バイオリンを学ぶ。
1987年15歳で自らの意志によりジュリアード音楽院プレカレッジを中退する。
1988年に芸術選奨新人賞を史上最年 少で受賞。
非営利団体「みどり教育財団」をアメリカで設立し、その後数々の基金プログラムを立ち上げる。

多くの著名な音楽家との共演を重ね、室内楽にも力を注ぎ、幅広い演奏活動を続けている。

現在はアメリカを拠点に活動をしている。

得意のレパートリーはモーツァルトやシベリウスの協奏曲、パガニーニの[24のカプリース」全曲及びその他の協奏曲、ベートーヴェンやフランクの ヴァイオリンソナタ。




クリックして応援をお願いいたしますm(_ _)m

トレンドニュース ブログランキングへ


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。